• ホーム
  • 泌尿器科学で肛門に指を突っ込むような早漏診察は時代遅れ

泌尿器科学で肛門に指を突っ込むような早漏診察は時代遅れ

相手と話したくない夫婦

新泌尿器科学では早漏は社会的に取り組むべき問題と捉えられています。
日本人は性行為自体をタブーとするような風潮が強く、早漏などの情報もあまり共有されないでいました。
しかし、日本は少子高齢化社会に突入し、性行為自体が見直されなければ国家の存続の危機に繋がるかもしれない状況を迎えています。
新泌尿器科学でもそのことを非常に重く受け止めており、早漏の情報の共有と、状況改善を目指して認識などを改めようと活動しています。
早漏が少子化の原因となりかねない理由は、男性が性的に満足しても女性が満足できないケースが出ているためで、早漏の治療こそが円満な夫婦や恋人関係の構築に影響を与える可能性が高いからです。
ただし、日本では早漏のデータの蓄積などがほとんどできていないため、定義すら難しい状態になっています。

その原因の一つに、泌尿器科に行くと、肛門に指を突っ込むような診療が行われていたと言う話があります。
現代では肛門に指を突っ込むような必然性は低く、それ以外の情報から病気の診断などもたやすくできるようになっています。
肛門の病気であっても、粘膜を傷つけるような可能性は避けるべきであり、今はほとんど行われていないのが現状です。

しかし、一度ついたイメージの払しょくに苦労しているのも新泌尿器科学の悩みの種であり、課題でもあるのです。
様々な課題が山積する中ではありますが、欧米では早漏の研究がある程度進んでいることから、各種症例の研究データや、治療薬と言った技術の輸入も行われている状況です。
そうです。
早漏の治療薬も存在しているのです。
ただし、一般的な認知度はかなり低い事から、これからも普及活動が必要な状態であり、ただ知っておくだけでもプラスになる部分もあるのです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧